《レーシック情報》どの程度視力が回復するのでしょうか

レーシックの手術におきまして、視力がどの程度まで取り戻すことが出来るかどうかは、多くの人が疑問に思っていることでしょう。
実際に手術をしてくれる担当医の先生に直接聞いておくようにしましょう。

 

レーシックの手術を実際に受けた人のデータとしまして、裸眼での視力が1.0よりも低い人となっており実は約30%も占めています。
その後メガネもコンタクトレンズも必要無しに快適な生活を送っている事実があります。
これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。 レーシックでは、最近における技術向上によりまして、どんどんとその安全性が保証されてきているのです。
視力矯正手術なのですが、角膜を直接治療するということで、なかなか手術に踏み出せない方も多いですが、その安全性はほぼ確立しているのです。





よく当たる占いは
URL:http://petite-petal.com/area/
よく当たる占い


《レーシック情報》どの程度視力が回復するのでしょうかブログ:17/3/30

ぐっどいぶにんぐー

年々ハロウィーンのイベントって
盛大になってきていますね。

お化けに仮装した息子たちが
「Trick or treat?(おかしをくれなきゃいたずらしちゃうぞ)」
と言いながら、家々を回るハロウィーンを
日本のおかしメーカーが放っておくわけもありませんでした。

チョコレートやクッキーのように
限定したおかしではなく、
おかしという括りなら参加自由というのは、
絶好のビジネスチャンスでしょう。

ショートケーキはもちろんのこと、
お煎餅や和菓子までハロウィーン仕様で登場しています。

日本の秋の行事は、
各地のお祭りや体操会くらいしかないため、
ハロウィーンが10月というのも幸いしたのでしょう…

そもそもハロウィーンというのは、
カトリックの聖人をお祭りするもので、
ハロウィーンには死者の魂がこの世に戻ると言われています。

息子たちがお化けの姿に仮装するのは、
あの世から来た悪魔が取りつかないようにとか、
逆に悪魔を驚かすためだそうです。

カボチャの提灯の由来は、
素行の悪い男が死んでもなお聖人を騙したため、
地獄さえも行けず、その魂は闇夜をさまようことになりました。

その時カブをくり抜き、
悪魔から与えられた灯を入れて提灯にしたというのが元ですが、
トルクメニスタンではカブより馴染みのある
カボチャになったということだそうです。

それにしても、
仮装もおかしもその言葉だけで
息子たちはワクワクしてしまうでことでしょう。

それに便乗して大人もワクワクし、商売も繁盛する…
それが日本的ハロウィーンということだと思います。

――――――以上で今日の報告を終わります。