《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性

《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性


《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性
レーシックの治療において今現在利用されている技術というのは、まだ確立され始めてから歴史が浅いものとなります。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。

他の病気や疾患の手術でもリスクはあるのと同じでレーシックにもリスクはあります。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。
「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。 レーシックの手術で最悪の失明をしてしまうかもということですが、これはほぼあり得ないといえるでしょう。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。




《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:17/5/20

わたくしは、糖尿病を持っています。
半年ぐらい前に主治医から食事療法を勧められ、
「一日の食事を1600キロカロリーにしましょう」
と指導されました。

ところが、
わたくしの人生の大いなる楽しみの一つは、
おいしい食事をすることです。
加えて、ビールをこよなく愛しています。

なので、
多少は食事の摂り方には注意を払いながらも…
カロリー計算は一切せず、食事療法としては、
まぁ、野放しに近い状態で昨年は過ごしてきました。

ところが、そんな生活を送っていると、
定期的に測定する血糖の値は徐々に高くなっていき、
疲れが抜けなかったり、疲れやすい状態がどんどん酷くなってきたんですね。
何とも連日、体がだるい…

年末、ある人から本をもらったのですが、
その本は、糖尿病の闘病を素材にした小説でした。

プレゼントしてくれたのは、
いつもわたくしの体を心配してくれている友人で、
「コントロールしているようで良い感じがしないかなぁ?」と言いつつも
その本をプレゼントしてくれたのでした。

その小説は明るいトーンで書かれていて、とても面白い小説でした。
主人公が糖尿病と診断されて、糖尿病の食事に慣れるための教育入院をし、
カロリー計算をしながら食事療養をしていくという内容でした。

主人公も美食家でビール好きのところがわたくしにとてもよく似ていて、
まるで自分の事のように感じながら面白く読みました。

特に主人公がカロリー制限をもろともせず、
逆にそれを楽しみながら工夫して生活している様子は、
わたくしの心をくすぐりました。

これなら「食事制限」も「制限」ではなく、
「挑戦」として楽しめるのではないかなぁ…
そんな事を思いました。

《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性

《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性

★メニュー

《レーシック情報》手術中に痛みを感じることはほぼ無い
《レーシック情報》豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
《レーシック情報》感染症にかかってしまわない為の配慮
《レーシック情報》レーシックで遠視の矯正も可能
《レーシック情報》レーシック後の効果が安定する期間
《レーシック情報》レーシックの後遺症は一時的
《レーシック情報》どの程度視力が回復するのでしょうか
《レーシック情報》老眼の悩みもレーシックにお任せ
《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性
《レーシック情報》片目だけのレーシック手術も出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)全てを把握、そして理解してレーシック