《レーシック情報》手術中に痛みを感じることはほぼ無い

《レーシック情報》手術中に痛みを感じることはほぼ無い


《レーシック情報》手術中に痛みを感じることはほぼ無い
レーシックの手術を実施することで、多くの方が悩んでいることと言えば、手術中に痛みが生じるかということです。
レーシックでは目の角膜の部分を手術で治療していくことになりますので、やはり痛みというのは気にしてしまうものです。

レーシックの手術は人の手で実施されるものになるので、まだ十分な実績と知識を持っていない医師が多くいます。
そんな時には、失敗して痛みが出てしまうという可能性はあります。
まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。 そもそもレーシック手術というのは、角膜の厚みが十分にある人に対してしか適用されることがありません。
なのでレーシックで痛みが生じることはほとんど無いと言えるでしょう。




《レーシック情報》手術中に痛みを感じることはほぼ無いブログ:17/3/27

「夕方飯はまかせといて!」と私。

母親は、出前のチラシを見せながら…
「こっちのほうが安いんじゃないの?」

あたしは「なんで人の気持ちを汲んでくれないの!」と怒る。

母親が
「だいたいあんたがお買い物に行くのが遅いからよ!」と応戦。

喧嘩の始まりはいつもこうです。

母親のことを大切に思うからこそ提案したことだったのに、
喧嘩になって…
結果的に、母親に嫌な思いをさせる事態に
あたしとしては納得がいかないわけですね。

思い起こせば娘の頃のあたしは、
気持ちを受け取ってもらえない寂しさを
いつも感じていたかもしれません。

母親の顔色をうかがって
喜んでもらえないことに対して、
あたしがやったことは迷惑なことだったのかなと
自分を責めていたようにも思います。

いつの間にか母親との会話は敬語で応対するようになり、
母親の気持ちを受け取ることを拒否し、
こちらから与えることを放棄して
だんだん距離を取っていきました。

母親は祖母が病気がちで臥せっているような家庭で育ったので、
早くから自分が気丈でなければいけない、
人の世話になって迷惑をかけてはいけない…
という思いが強かったのでしょう。

父母が病気で寂しい思いをした分、
娘のために健康でいなければという気持ちもあったようです。

年老いて気持ちに体がついていけなくなってきている今、
少しずつですが
ようやく頼ることもできるようにはなってきているようです。

社会人になったあたしは、
母親との関係も変化していき、
敬語で接するようなことはなくなりました。

しかし、
母親の気持ちを受け取っていることを伝えること、
つまり感謝している気持ちは
十分にはまだ伝えきれていないように思います。

《レーシック情報》手術中に痛みを感じることはほぼ無い

《レーシック情報》手術中に痛みを感じることはほぼ無い

★メニュー

《レーシック情報》手術中に痛みを感じることはほぼ無い
《レーシック情報》豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
《レーシック情報》感染症にかかってしまわない為の配慮
《レーシック情報》レーシックで遠視の矯正も可能
《レーシック情報》レーシック後の効果が安定する期間
《レーシック情報》レーシックの後遺症は一時的
《レーシック情報》どの程度視力が回復するのでしょうか
《レーシック情報》老眼の悩みもレーシックにお任せ
《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性
《レーシック情報》片目だけのレーシック手術も出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)全てを把握、そして理解してレーシック