《レーシック情報》手術中に痛みを感じることはほぼ無い

レーシックの手術を実施することで、多くの方が悩んでいることと言えば、手術中に痛みが生じるかということです。
レーシックでは目の角膜の部分を手術で治療していくことになりますので、やはり痛みというのは気にしてしまうものです。

 

レーシックの手術は人の手で実施されるものになるので、まだ十分な実績と知識を持っていない医師が多くいます。
そんな時には、失敗して痛みが出てしまうという可能性はあります。
まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。 そもそもレーシック手術というのは、角膜の厚みが十分にある人に対してしか適用されることがありません。
なのでレーシックで痛みが生じることはほとんど無いと言えるでしょう。



《レーシック情報》手術中に痛みを感じることはほぼ無いブログ:17/9/16

ぐっどあふたぬーん♪

あたくしは、ひとり暮らしをはじめて
もうすぐ一年になります。

ひとり暮らしの女性のお部屋なんて言えば、
雑誌なんかで見ると、とてもお洒落で…

「こんな部屋に住んでみた〜い」
と、思わせるステキな部屋ばかりなのですが、
あたくしのは…かなり所帯染みた部屋になっています。

1DKなのですが、
部屋は和室なので所帯染みているのでしょう。

あたくしは畳が大好きなので、
あえて和室を選んだわけですが、
畳って本当に和ませてくれますよね〜

あたくしの家でよく飲み会をするのですが、
誰かしらその辺で酔っ払っては寝転んでいます。

中には寝息を立てて熟睡をする仲間もいます。
スタイリッシュでステキなお部屋にはない光景ですね…

でもみんな和んでくれているから、
あたくしはこの部屋が大好きです!

しかしこの部屋、掃除嫌いのあたくしのせいで、
荒れ果てている時は目も当てられぬ状態となっています。
そんな時は、和むどころかあたくしの心も廃れ荒れ果ててしまいます。

そして、ふてくされたあたくしは
その状態を打破すべく掃除をするのですが、
掃除にもこだわりがあって…

先ずは、玄関からトイレ・お風呂、キッチンへと、
あまり荒れ果てていないところから手をつけてしまいます。

しかも、和室が荒れ果てていれば荒れ果てているほど、
先にする場所は磨き上げています…

多分、荒れ果てた部分を見たくないので、
あたくしは簡単なところをしっかりしようと…

まぁ、それを別の言葉でいえば
真実と向き合う前の逃避をしているのですね。
でもこの逃避は、あたくしにとってはこだわりかもしれません。

トイレやお風呂を磨いている時や
洗面台、流し台を磨いている時…
無心でゴシゴシとしているあたくしがいます。

ニンニン