《レーシック情報》手術中に痛みを感じることはほぼ無い

レーシックの手術を実施することで、多くの方が悩んでいることと言えば、手術中に痛みが生じるかということです。
レーシックでは目の角膜の部分を手術で治療していくことになりますので、やはり痛みというのは気にしてしまうものです。

 

レーシックの手術は人の手で実施されるものになるので、まだ十分な実績と知識を持っていない医師が多くいます。
そんな時には、失敗して痛みが出てしまうという可能性はあります。
まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。 そもそもレーシック手術というのは、角膜の厚みが十分にある人に対してしか適用されることがありません。
なのでレーシックで痛みが生じることはほとんど無いと言えるでしょう。



《レーシック情報》手術中に痛みを感じることはほぼ無いブログ:17/7/11

結婚してから気づいたのだが、
ミーの主人は無趣味な人であった。

例えば、読書にしても…
実用書が好きだったり、読む時も仕事上の文献を探すとか、
「楽しむ」感じではない。

釣りや各種アウトドアスポーツの道具を持っていたり、
遠出をしたこともあるようで、
体質を動かすことが好きなのかな?とも思ったが、
友人に誘われてやってみたことがある…という程度。

かといって、
「絵を描きます」とかそういうのもない。

主人は定年後どうするのだ!?と密かに思っているのだが、
それはさておき…

高校時代は水泳部だったという主人は、
水の中で体質を動かすことは楽しんでできるようである。

それでも、
ミーと結婚してから休日にプール、夏場に海…など、
積極的に出かけることもなく過ごしてきた。

しかし、現在5歳になる息子が
スイミングスクールに通うようになると、
休みの日には公営プールに出かけて、一緒に遊んでくれるようになった。

カナヅチのミーにとって、
それはとても有難く(ミーは水泳を教えることができないので)、
健康的な趣味ができた!と喜んでいる。

もちろん、息子も
「プールに行く」というととても喜んでいる。

息子はママ大好きっ子なので、
普段はミーと一緒でなければ、主人と出かけることはない。
それが、プールだけは別。
それは主人にとっても嬉しいらしい。

残念ながらミーは一緒に行ったことがないので、
二人がプールでどんな風に過ごしているかは分からない。

でも二人とも充実した顔で帰ってくるので、
きっと楽しいのだろう。
男二人、なかなかいい趣味ではないか!